大学受験は予備校に通わないと失敗してしまうってホント?

独学で大学受験は合格できる?

独学で大学受験は合格できる?

結論から言ってしまえば独学で大学受験を合格することは可能です。実際に少なくない人が独学での大学受験を成功させており、難関校だとしても一定の割合で、一人で勉強して合格を勝ち取った人はいます。

しかし、高校生の年齢で受験に関しての大局的に分析を行い、必要な範囲を網羅しそして効率良く勉強が進められるかというと、正直全員が容易に行えるとは言い切れないです。

大学受験を効率的に行うのが大学受験を調べ尽くした予備校等の授業を受けることです。受験する大学によっては必要とされる部分が違っており傾向も異なってきます。

長年のデータの蓄積から予備校が導き出した合格に必要なカリキュラムを受けることにより、効率よく大学に合格できやすくなるので、予備校も場合によっては必要だと言えるかもしれません。

予備校選びで大学受験は決まる?

予備校選びで大学受験は決まる?

世間では予備校の選び方によって、受験できる大学が決まると言われていますが、それは少し違います。なぜなら、大学受験は本人の学力があってのものなので、予備校の選び方一つで変わることはありません。

たしかに有名な講師がいる良い後であれば、とても魅力的な授業と行うと思われますが、その授業内容が頭に残らないと全く意味がありません。早い話、本人のやる気次第で学習できる量や知識の量を広められるのです。

なので、有名な大学を受験するために、有名な予備校に通う必要はどこにもありませんので、自分のレベルにあったところを選ぶと良いでしょう。

大学受験は過酷ではありますが、落ち着いて自分のペースで学習ができれば、あまり悲観的にならずに済みます。

予備校は大学受験の専門なの?

予備校は大学受験の専門なの?

予備校は学習塾などとは明確に違うものです。予備校は主に大学への受験を目的として勉強をする施設とされています。

しかし、近年は大学受験を専門としているわけではありません。需要の拡大に伴い、高校受験をも対象にしている予備校も存在します。

まだ、今まで予備校は大学受験に失敗した人を対象とした施設でしたが、高校受験に失敗した人や現役高校生、現役中学生を対象としていることもあるなど、対象者の拡大も行われています。

さらに仮面浪人の人を対象として現役大学生をターゲットに見据えたところも存在します。つまり、かつては大学受験専門だった予備校も、ニーズの拡大に伴い、今や対象者や専門性が拡大の一途を辿っているということです。