予備校に通いたいけど受験ぎりぎりに通い出しても大丈夫?

大学受験は受験前のいつまで間に合う?

大学受験は受験前のいつまで間に合う?

大学受験の勉強は受験前のいつまで間に合うのか、それは本人の基礎学力と合格を目指す大学のレベルによるとしか言いようがありません。

学校の授業を聞いているだけでまったく受験勉強しなかったにも関わらず一流大学に合格する人が一方で、3年間必死に勉強したのに全ての志望校に落ちてしまう人もいる、それが大学受験です。

とはいえ学校の中間テストや期末テストで平均点を取る程度に日頃から勉強していれば、よほど高望みしない限り高校3年生の夏から真剣に受験勉強に打ち込めば、十分に大学受験には間に合うはずです。

受験生の中には12月頃に行われる給費生試験を腕試しに受けて不合格になったことで危機感を持ち、その後必死に勉強して志望校に合格したという人もいます。

受験前の予備校の勉強法とは?

受験前の予備校の勉強法とは?

大学受験前ともなれば、すでに願書も提出し終わって、自分の偏差値に合わせた受験校への合格を想い描いていたり、少しレベルの高い大学へ合格するために浪人覚悟で必死に最後の勉強していたり、人それぞれだと思います。

しかし、ほとんどの受験生が相当な学力が備わっている時期でしょう。後は自分の実力を信じることと体調管理や神頼みぐらいしかなさそうに思えますが、実はそうではありません。まだまだ出来ることがあります。

例えば、予備校では受験前の直前講座を行っていることがあります。試験の出題傾向などから割り出した勉強法で、最後の知識の詰め込みを行えます。

そういった勉強法は、やはり長年予備校で受験対策を行ってきたプロが導きだしたものなので、合格への後押しをしてくれると思います。

大学受験前に予備校に通わない勉強法とは?

大学受験前に予備校に通わない勉強法とは?

大学受験に挑む前に予備校へと通う人はかなりの数に昇ると思われます。実際予備校に通えば、狙っている大学の入試問題に即した授業をしてくれることもあり効果的だからです。

しかし、大学受験前に予備校に通わないという方法を取ることも出来ます。それは非効率的と思われがちですが、実際には一番合格率が高くなる勉強法を駆使することです。その勉強法とは「教科書の周回」です。

大学の入試問題は一般的に高校で使われている教科書から問題を作らなければならないという縛りがあります。

逆にいえば、教科書に載っていないような勉強をする必要はないということです。そこで最も広範囲を網羅している教科書を選び、それを周回することが最も簡単で効率的な勉強法です。